GIS・容器流出防止措置対象の識別処理

GIS〈Geographic Information System〉

マッピングシステムを利用したマーケティング、データマイニング

電子地図データ支援(GIS活用支援)

各種GISのデータ入力・編集・加工・出力等を、電子地図データのソフトウェアを使いこなして請け負うアウトソーシングサービスです。
高精度なデータ構築、高品質なMAP作成等によりお客様のGIS活用をサポート致します。

  • GISデータ入力・編集
  • アウトプット(大判プリンターによる図面印刷等)
  • エリア登録
  • 各種GISデータを利用した情報生成(集計・抽出等)
  • 住所ジオコーディング(住居レベルまで可)

GIS 主な対応ソフト

  • ArcGIS Desktop Basic 10.5(36ライセンス)
  • NigmasX(43ライセンス)他

紙地図のGISデータ化(座標情報付与)新旧地図重図

紙地図のGISデータ化

容器流出防止措置対象の識別処理

経済産業省より洪水浸水区域において、
1m以上浸水が想定される箇所に設置されている充てん容器の
流出防止措置を徹底する旨が公布されました。

弊社では、お客様が現在管理されている充てん容器の住所情報と
国土交通省発行の洪水浸水区域データを重ね合わせ独自のデータ処理方法で、
流出防止措置対象を抽出します。

お客様管理の住所データ


洪水浸水区域データへ住所データをプロット


Excelリストへ対象フラグ

経年設備データ抽出

経年設備データ抽出

紙資料からのGISデータ作成(ポリゴンデータ)

紙資料からのGISデータ作成

アドレスマッチング(住所ジオコーディング)

住居レベル(号レベル)までのマッチングが可能です。

アドレスマッチング

土地区分と面積算出

土地区分と面積算出

GIS・容器流出防止措置対象の識別処理

お問い合わせ

サービスに関するご相談・お見積りを随時受け付けています。
気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは
06-6762-0051
平日 9:00〜17:00まで

FAXでのお問い合わせは
06-6762-0226

フォームでのお問い合わせは
無料相談フォーム
3営業日以内にご連絡します。