LGIS(LPガス営業支援システム)

LGIS(LPガス営業支援システム)

タブレットを活用して現地で、必要な時に必要な情報を簡単に確認いただけるよう
地図上に管理情報を「見える化」しました!

 

LPガス営業支援システムとは、「地図を下図に情報を登録して管理・分析するシステム」です。
顧客情報の管理や営業支援などのツールとしてご利用いただけます。

地図画面

情報登録

・日報やお客様情報の登録
・写真や図面など各種ファイルの登録

利用方法

営業情報は営業が独自管理 ↓
情報の見える化

訪問禁止宅に訪問した ↓
履歴情報共有で確認

資料を用意するのが大変 ↓
タブレット1台でOK

営業資料を作るのが大変 ↓
登録情報から自動集計

周辺の顧客分布状況が分からない ↓
自社顧客及び他社顧客の見える化による訪問効率アップ

地図上で自社顧客及び他社顧客の分布状況を一目で把握できますので、ターゲットを明確にして、計画的な訪問が可能です。

ガス器具の販促で活用したい ↓
対象の顧客を抽出

担当エリアの件数を知りたい ↓
エリア内の顧客を集計

管理したい建物情報や設備情報を基盤地図上へ色を塗ったり、シンボルを配置したりして、独自のマップを構築いただけます。
色やシンボルの形状はイメージにあったもので設定可能です!

登録した図形に情報を登録/編集ができます。 地図をみながら、お客様情報や設備情報の管理を端末一つで行うことができます。

情報事例

営業情報の蓄積及び共有することで、経験に関わらず的確な提案営業が可能です。

GPS活用した位置情報の活用により、周辺の顧客情報も確認でき、営業の取りこぼしを防ぎます。

自社顧客及び他社顧客見える化により、提案先の選定、効率的な訪問計画の策定など、営業支援の基盤システムとしてご利用が可能です。

タブレットに必要な営業ツール集約することで、必要な時に必要な資料を提示でき、説得力もアップします。

新規顧客の獲得、既存顧客の囲い込み

出典:基盤地図情報(国土交通省)
出典:住宅地図情報(株式会社ゼンリン)
※掲載の地図はあくまでイメージです

TOP